帯いろいろ

たくさんある帯の種類

丸帯や広帯などの帯も着物買取致します

着物を着るには欠かせない帯ですが、一口に帯と言ってもその種類は実に様々で、そうした各種の帯が着物買取の対象となっています。

たくさんの種類がある帯の中でも、最も格が高い礼装用の女帯が丸帯です。
広帯とも呼ばれているこちらの帯は、70cm弱という幅広い布地を二つに折って作られています。

長さは4m程、また帆布でできた帯芯を入れてありますので、3kg程度の重さがあるということもあり、本来は振袖や留袖に使われる帯ではあるものの、今では婚礼衣装として花嫁が身に付けたり、花柳界の舞妓や芸者が身に着ける以外には目にする事はほとんどありません。
しかし金や銀の糸を使って織り込んだ模様が表裏共に入った丸帯はその重厚さから「厚板」などとも呼ばれ、結び方に関わらず豪華な印象になりますし、華やかさもあります。
織り方としては綴織や唐織、繻珍、糸錦、紗、博多などが用いられます。

こちらの帯は江戸時代から始まったものだと考えられており、礼装用としては明治大正期に使われ出しました。

江戸時代には芯を入れない、また入れても薄い芯という丸帯が主流で、色々な結び方を楽しんでいたそうで、たとえば「だらり結び」という結び方を上村吉弥という歌舞伎役者が行ったことで、かなりのブームとなったと言われています。
帯の結び方は現在様々なものがありますが、それらは江戸時代に行われていた結び方が元になっているのです。

明治~昭和初期にかけては芯がしっかりと入った丸帯となり、二重太鼓にするとどっしりと風格が出るようになります。

現在は礼装の際にも袋帯を代わりに身に着けることが多くなっており、実際お召しになる事は滅多にないと思いますので、もしそうした丸帯があれば、着物買取をご利用になると良いでしょう。

また着物買取では着物はもちろん、袋帯は名古屋帯、半幅帯などといった様々な帯の買取も行っていますので、お母様やおばあ様から受け継いだ帯を持て余しているなどといった場合には、まずは着物買取で査定してもらってみてはいかがでしょうか。

ただ着物買取はリサイクルショップなどでも行っていますが、着物の知識が十分でないと正確に査定されない事もありますので、特に広帯などのような高価な帯に関しては、きちんと着物買取の専門店で買い取ってもらう事をおすすめします。

自分では身に着けないからといっても、折角の大事な帯ですから、買い取ってもらうにしてもそれ相応の扱いをしてくれるお店を利用したいものですね。