帯いろいろ

たくさんある帯の種類

着物買取り豆知識:名古屋帯と九寸名古屋帯

着物買取では長着だけでなく帯も取り扱っていますが、帯の中でも袋帯に次いで持ち込まれることが多いのが名古屋帯です。この帯は、その名の通り名古屋で考案されたもので、基本的に一重太鼓を結ぶために作られています。袋帯が長い長方形になっているのに対し、この帯は帯を締めるときに結びやすいように、手の部分を半分に折った状態で綴じてあるのが大きな特徴となっています。

着物買取では基本的に、格式が高い帯や着物ほど高額で取引がされていますが、この帯の中には伝統的工芸品として指定されているものも多く、また、格式が高い文様を用いて作られているものは、ある程度改まった席に締めていくことができますので、場合によっては高額の着物買取になることもあります。

名古屋帯には大きく分けて、八寸のもの(いわゆる袋名古屋)と九寸名古屋帯があります。見た目は同じように見えますが、八寸の方は縫い代を取らずに半分に折ってかがってありますので、織り上がった帯の耳がそのまま見えており、かがった糸が表に出ています。

一方、九寸の帯は帯幅を広めに織って、縫い代を内側に折りこんで縫ってありますので、かがりが内側になっており、表面からは見ることができません。このことからも分かるように、九寸の帯は内側に生地の耳を折り込みやすいように、八寸に比べて薄い生地になっています。そのため、九寸の帯は帯芯が厚手になっているのに対し、八寸の帯は薄手の帯芯を入れるか、夏帯などの場合には帯芯を使わずに仕立てることがあります。

それぞれの仕立てる前の幅を見ると、九寸は34cm前後、八寸が30cm前後となっており、重ねて見なければ分からないほどの違いになっています。なお、仕立て方も一般的には九寸帯は名古屋仕立てとなっており、八寸帯は松葉仕立てが定番ですが、これは必ずそうしなければならないというものでもありませんので、自分の好みで依頼しても良いでしょう。

着物買取に持ち込むときには、特にこれらの違いに注目しなくても買い取ってもらうことは可能です。九寸か八寸かということよりも、その帯が手作りの伝統的工芸品か、人気の高い柄であるか、生地の材質が良いものかどうかということで着物買取額の判断が変わってきます。なお、伝統的工芸品などの場合には、証紙が仕立て上がりの帯に付いてきます。これを一緒に持ち込むことでプラス査定になりますので、保管している場合には必ず持参しましょう。