帯いろいろ

たくさんある帯の種類

礼装用の袋帯も着物買取店で高額買取してもらえる

着物だけではなくて、帯についても着物買取店で売却したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

帯は様々な種類があるもので袋帯と呼ばれるものもあります。
文字のとおりに袋状に織られている特徴を持っている帯となっていて、女性用として使用されることが多いものとなります。

格式の高い袋帯の場合には礼装用として使用されるものとなりますし、格式が高くないものに関しては日常的に使用されるものとして、一般的なオシャレを楽しむものとしても使用されます。
正式なものから日常用まで幅広く使用されるものとして、身近な存在の帯ということができると言えます。

様々な場面によって使用されるということで、種類も豊富なものとなっています。

礼装用として使用できる柄としては有職文様、正倉院文様、吉祥文様などの種類があります。
多くの種類のものは日本国内であったり、古くから中国などでも使用されていた文様ということもあって、格調のある文様として扱われています。

格式の高い文様の袋帯に関しては、着物買取店で高額な値段での買い取りとなります。
製作の方法によっても様々な種類に分類されるものとなっており、本袋や縫い袋、片縫い袋などいろいろなバリュエーションがあります。

着物買取店に売却する際には、着物の本体と帯が一式揃ったものでなければ売却できないと感じている人もいるかもしれませんが、着物買取店では帯だけの単体に関しても売却が可能となっています。
袋帯についても単体で数多く取り扱われている品物と言えますので、袋帯だけの売却もできます。

帯については、着物そのものと同様に新しいものや品質が良い状態で保存されているものは、買い取り価格に関しても高額になる傾向がありますし、礼装用として使用できるものは高い評価がされるものと考えられます。
有名な作家が作成した帯の場合であれば、さらに高額な買い取り価格になることが予想されますので、使用されていないものを持っている人は着物買取店に持っていくことで査定を受けることをおすすめします。

直接着物買取店に持っていくことや、手間をかける時間が無い人の場合には、出張サービスを行っている着物買取店もありますので、査定を行うスタッフに自宅まで来てもらって着物や帯の査定を受けることができます。
直接自宅まで来てもらうことによって、持っていく手間を省くことができますし、不安なく査定が受けられるのでおすすめの売却方法と言えます。