帯いろいろ

たくさんある帯の種類

着物買取における帯の種類について

着物の種類にはさまざまなものがあります。着物買取に関しても、これに応じて様々な金額の差異が生じることがあります。たとえば、一番多く使われるのは袋状のものです。これは振袖や留袖、訪問着といったものに幅広く使われるものです。

ほかにも、幅がかなり広くて一般的に全通で主として花嫁衣裳に用いられる丸帯や、掛下といってはるか昔江戸時代に打掛を着る際に間着の上に締めたもの、かかえといって下側に結ぶ装飾品として添えるようなイメージのもの。名古屋帯は結びの部分だけが普通幅で残りは半幅になっています。ほかにも、九寸名古屋帯といって幅が九寸あり、中に芯を入れることによって仕立てるものもあり、実際に仕立てを終えると幅は八寸となるものもあります。

このように、皆さんのイメージにはないかもしれませんが大変様々なものがあるのです。今のは一般的な女性向けのものを指していますが、ほかにも男性用のものやお子様向けのものも含めると、かなりの数になるのです。

着物買取においては、それらの種類をよく把握していないと、実際の着物の用途と帯の種類が異なってしまって、いまいち査定が高くつかないこともあります。すべてがセットとして着物買取に出すのではなく、それぞれの単品として処理されてしまうからです。ですから、事前によく確認しておくとよいでしょう。

着物買取においては、もちろんその状態が良いものであればあるほど高い査定がつきます。しかし、年代によってもかなり差が出てきます。最近買ったものよりも、むしろ古くからずっと使っていたもので、なおかつ状態が良いものは、生地も今ではなかなか作られていない貴重なものであることが多く、それらは着物買取ではかなり高額の査定をつけてくれるものになっています。また帯も同様で、昔から先祖代々が使ってきたものであれば、それだけの価値を持つ、いわば骨董品のような感覚で買取に出すことができるのが、着物というものなのです。

もしご自宅に昔からあるが、今はもう全く着ていない着物があるのであれば、この機会に着物買取に出してみてはいかがでしょうか。どのみち着ないものですから、買い取ってもらって新しい方に着ていただくほうが有効活用にもなるでしょう。家宝としているものであればまた話は変わってきますが、保管するのにもかなり場所をとってしまう着物の取り扱いは意外と大変で、湿気の多いところに置いておくと、それだけでいつの間にか劣化してしまっていたりするため、買い取りを有効活用してみてはいかがでしょうか。

お得で丁寧な着物買取はこちら

Leave a reply

Your email address will not be published.